パオロカッシーニ / エクストレマム EX.Vオリーブオイル 250ml

2018年収穫ロット。
賞味期限:2020/7/31
本年はエクストレマムの畑別2種類が生産されず、この1本にまとめられています。


リグーリアの地場品種タジャスカ。繊細な味わいを黄色いリンゴや花など香り高いものに仕上げた傑作。
軽い苦味とスパイシーさが調和した、マイルドなタイプ。

【オリーブオイルデータ】
産地:イタリア リグーリア州
品種:タジャスカ種100%
標高:150 〜 510m
収穫: 手摘み・小型機械式
時期: 10/15〜11/30(2018)
香り・味わい:セージ、ローリエ、アザミ、黄色いりんご、松の実のニュアンス。それらが心地よく持続。カモミール、セージ、マジョラムがフィニッシュに特徴的な、繊細で複雑、アロマティックなテクスチャーを持つ素晴らしいエクストラバージン。苦味と辛味は調和し、丸みと甘みをもって 口の中で、野菜、緑茶やセージのようなノートが現れます。タジャスカの品種個性を引き出したベンチマークとなる1本。
料理:やさしくまろやかかつオリーブの香りが楽しめるので、 魚、お肉のカルパッチョに、またサラダ、パンなどそのままオイルの風味を楽しむ食事に、オールマイティに使えます。

【受賞歴】
2019Ercole Olivario最優秀単一品種賞

Gambero Rosso
2019: 3Foglie
2016: 2Foglie
2015: 3Foglie
2014: 3Foglie
*2014ライトタイプ最高賞

SlowFoodオリーブオイルガイド
2019: GrandeOlio


【生産者データ】
1962年設立、ジョヴァンニ・カッシーニ、現在その息子パオロ・カッシーニが運営。最新式のオイルミルを持ち、 8ヘクタールの畑を所有しています。もっとも古い樹は13世紀の周りベネディクト修道士たちによって植えられました。
あえて会社を大きくせず、実直な作り方を追求し、 リグーリア州の地場品種「タジャスカ種」のみを作り続けています。

タジャスカ種への強い信念とこだわり。
8ヘクタールの畑には、タジャスカ種だけでも、1500種を管理しています。 「 オイルはすべて同じではありません 」とパオロは言います。 「Colabella(コラベッラ)とCrosa(クローサ)はTaggiascaの私の2つの解釈です 。 」とも。標高や日照条件、剪定、ミクロクリマなど、様々な条件でオリーブは個性を変えます。コラベッラとクローサは、同じタジャスカという品種を使いながらも、 場所の性質が異なり、異なる特性を持ち、味わいにも違いがあります。それらをオリーブオイルで表現し、常に、「最高のレベル」へ、この栽培品種の可能性を探求するために、努力と研究を惜しまず、熱意を持ち続ける生産者です。

原材料名:食用オリーブオイル
内容量:229g(250ml)
原産国名:イタリア
保存方法:冷暗所で保存。
型番 LSE0013
販売価格
3,800円(税込4,104円)
購入数